主な講師の紹介
特 色 | クラス | 楽器コース | 講師陣
ホーム音楽教室案内>講師陣 管楽器コース

弦楽器コース ギターコース
古楽器コース    ピアノコース    全鍵盤楽器入門コース 打楽器コース ジャズコース
歌コース ソルフェージュコース
木管楽器コース    金管楽器コース ハンドベルコース 海外客員講師・その他

管楽器コース 木管楽器コース
Oboe
小澤 直子
Naoko Ozawa
モーツアルテウム音楽院卒業。これまでに似鳥健彦、故ローター・コッホ、渡辺克也の各氏に師事。フルートとのデュオユニット「ARION」をはじめ、ソロや室内音楽を中心にクラシックからポピュラーまで幅広いジャンルのレパートリーで演奏活動を行っている。

川井 夏香 Clarinet
川井 夏香
Kawai Natsuka
千葉県出身。東京芸術大学卒業。

Fagotto
井上 俊次
Shunji Inoue
宮城県出身。ファゴットを伊達博、三田平八郎、岡崎耕治の各氏に師事。1983年東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校卒業。1987年東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。1990年6月NHK交響楽団に入団(2005年退団)。1998年11月より1年間、平成 10年度文化庁芸術家在外研修員としてドイツに留学。ミュンヘン大学にて、E.マーシャル氏に師事。2006年8月より読売日本交響楽団主席奏者。アンサンブル・アマデーのメンバー。

増田 桂子 Saxophone
増田 桂子
Keiko Masuda
神奈川県出身。
東京コンセルバトアール尚美(現在の尚美ミュージックカレッジ)音楽社会研究コース卒業。ビッグバンドや一流歌手のコンサートサポート、ブライダル演奏家、サキソフォン講師と幅広く活動している。サキソフォン奏者の体の作り方や効率のよい体の使い方、いいサウンドを追求している。

♪生徒さんに一言 楽器未経験の方でも直ぐにいいサウンドで吹けるようになります。小学生からご年配の方まで楽しくサックスを吹いていますよ!音楽は人生を豊かにします!一緒に楽しみましょう。


管楽器コース 金管楽器コース
丸山 勉 Horn
丸山 勉
Tsutomu Maruyama
13才よりホルンを始める。ホルンを和方寛茂、伊藤泰世の各氏に師事。
武蔵野音大在学中、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。その後読売日本交響楽団に首席奏者として移籍。
 第8回日本管打楽器コンクール第1位。'93年ジュネーブに留学、B.シュナイダー氏に師事。
'95年世界ホルンフェスティバル、'98年カナダ、'07年スイスで開かれた世界ホルンサミットにゲスト・アーチストとして招かれるなど広く活動を展開。 現在ソリストとしてリサイタル、協奏曲、レコーディング(ソロCD ビクター 「ルネッサンス」)をリリース)、オーケストラでは日本フィルの客演首席ホルン奏者、紀尾井シンフォニエッタのメンバーとして、ホルンアンサンブルでは東京ホルンカルテット、つの笛集団のメンバーとして活躍。ホルンレパートリー曲集(ソロ、デュエット、トリオをヤマハMMより出版)監修、DVD上手になりたい管楽器シリーズ ホルン編(ビクターエンタテインメント)の監修・出演など手掛ける。吹奏楽「はなにわオーケストラル・ウインズ」メンバー、全国吹奏楽コンクールの審査員をつとめるほか各地でのバンド指導をする。武蔵野音楽大学で教鞭をとる。

北山 順子 Horn
北山 順子
Junko Kitayama
埼玉県出身。16才よりホルンを始める。狭山ヶ丘高校、武蔵野音楽大学卒業。ホルンを伊藤泰世、ラースロー・ガール、久永重明、丸山勉の各氏に、室内楽を磯部周平、カールマン・ベルケシュの両氏に師事。在学中、学内オーデイションに合格し「室内楽の夕べ」、成績優秀者によるソリスト演奏会に出演。岡山県支部新人演奏会、JTアフタヌーンコンサートに出演。日本ホルン協会ホルンフェスティバル第1回アンサンブルコンクールで優勝。
現在、フリーランスのホルン奏者として、在京オーケストラ、地方オーケストラにエキストラ出演、またミュージカル、室内楽の分野などで活動している。ホルニスツギルド東京、Cor Ensemble VENUS、Tokyo Purely Brass メンバー。

Trumpet
平尾 雅
Hirao Miyabi
武蔵野音楽大学卒。ピアノを4歳より始める。トランペットを久保義一、コンラーディン・グロートに師事。西ドイツ・ベルリン留学から帰国後、シエナ・ウインド・オーケストラ設立時に入団。自身でも「東京ファイン・アーツ管弦楽団」を設立し、全国各地で公演活動、多数のCM音楽の制作やアーティスト、演劇音楽のアレンジを行い、その一方でモデルや俳優として活躍してきた経歴を持つ。
音楽だけでなくイベントプロデュースでは「2002 FIFA ワールドカップ」では、ベルギー王国のPR や来日したVIPの交流会、フラワーアーティスト、ダニエル・オストの音楽プロデュース、ショッピングモールのパイプオルガンや創作楽器、マンションのオブジェやランドスケープなど様々なイベント企画やアイデア提供を行い、各メディアから高い評価を得る。06 年に注目の音楽教室『ミュージックアカデミー東京』、2010 年には『MAT Ballet Japan』を開校。“感動を創れるアーティスト”の育成に努め、フィールドを超えた斬新なアイデアで多くの人に感動を与えている。食活の研究や地方での食を中心としたイベントにも積極に取り組んでいる。
Music Academy Tokyo主宰、MAT Ballet Japan主宰。
♪生徒さんに一言 本物の音楽環境が揃っています。確かな上達への早道を一緒に歩みましょう。

尾山 碧 Trombone
尾山 碧
Midori Oyama
東京都出身。2003年洗足学園音楽大学卒業。
トロンボーンクァルテットコンクールinジパング優勝。トロン
ボーンカルテットティンツ、Twelve-sense各メンバー。
トロンボーンを吉川武典、秋山鴻市の各氏に師事。
現在、埼玉県立松伏高等学校音楽科非常勤講師。

深石 宗太郎 Euphonium
深石 宗太郎
Soutarou Fukaishi
国立音楽大学を首席で卒業(ユーフォニアム専攻)、矢田部賞を授賞。読売新人演奏会、ヤマハ金管新人演奏会等に出演。1986年、米国テキサス大学にて開催された、国際テューバ・ユーフォニアム・カンファレンス(ITEC)コンクールにおいて、日本人金管楽器奏者として国際コンクール初入賞となるユーフォニアム部門第2位。87年、レナード・ファルコーニ国際コンクール第3位。88年、小長谷宗一指揮、東京シンフォニック・ウィンド・オーケストラにて、ソロ曲「アンダンテとスケルツォ」をCD録音。東芝EMIより発売される。89年、第6回日本管打楽器コンクール第2位を受賞。
 ソリスト、審査員、指揮者として、また後進の育成や執筆活動も行っている。これらの活動は海外に及び、06年にはギリシャにおいて同国音楽史上初のユーフォニアム・リサイタルを行う等、欧州各地においてソリストやアカデミーの教授として招聘されている。09年秋にはクロアチアの音楽祭に招聘され、リサイタルを行った。また、ベルギーやオランダを中心に発展した「ファンファーレオーケストラ」と呼ばれる合奏形式を洗足学園音楽大学に導入し、日本で初めてこのジャンルにおける継続的な活動も始めた。現在、洗足学園音楽大学准教授。

宇津木 宏光 Euphonium
宇津木 宏光
Hiromitsu Utsugi
洗足学園音楽大学卒業及び同大学大学院音楽研究科修了。
大学卒業時優秀賞を受賞し卒業演奏会に出演。
第12回日本クラシック音楽コンクール入選、第13回日本クラシック音楽コンクール4位入賞し(1位無し)、前田音楽奨励賞受賞。
第76回横浜市新人演奏会出演。ユーフォニアムを深石宗太郎に師事。
演奏活動の他、吹奏楽・マーチングバンド等の指導、吹奏楽コンクール審査員等を務める。
Blitz Pilharmonic Winds団員。
♪生徒さんに一言 楽器を吹くこと、音を楽しむことを一緒に勉強しましょう。
好きこそ物の上手なれ!です。

Tuba
尾崎 光宏
Mitsuhiro Ozaki
武蔵野音楽大学器楽科テューバ専攻卒業、同大学院修士課程修了。テューバを故・貝島克彦、牛尾正明などの各氏に師事。管弦楽では東京ニューフィルハーモニック管弦楽団、東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団で活躍。吹奏楽では東京ブリリアントブラス団員、室内楽ではアルス金管五重奏団などの団員のほか、ソリストとしても演奏活動。国立音楽院講師及び聖徳大学付属聖徳高等学校音楽科の非常勤講師を勤める。



Top ▲